CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
BGMネタ
なんか『住まい自分流DIY入門』に引き続いてBGMネタ。

今回のは気づくタイミングが遅れたので曖昧な情報ですが・・・


NHK『ご近所の底力』にて、ZUNミュージックが流れますた。(ぇ

おそらく某サークルさんのアレンジ曲と思われ。

追加情報求ム
| - | 00:08 | comments(0) | trackbacks(11) |
暇つぶし
つまるところ、
『平和』ってのは『停滞』と同義なんだ。
進歩ある所には競争があり、
発展あるところには敗者がある。

古代ハズネの都が栄えたのは、
妙なる必然のバランスが為したる業だ。
地理的に外部と厳しく境界を持ち、
かつシルクロードの拠点として多くのキャラバンをもてなした。

桃源郷は単なる夢物語に過ぎない。
外部から絶対的に隔離された世界に、安寧は無い。
完全に外部と遮断された世界にあるのは、『平和』という名の『停滞』。

ハズネの都は一方でシルクロードの文化を吸収し、
一方で民の無用な進入を厳しく管理することが出来た。
その特異な地理条件故に。

日本は島国だ。
いくら航空・船舶技術が発達しても、
海の持つ精神的な隔たりの意義は大きい。

日本人は排他的かつ柔軟だ。
多層的文化という言葉に代表されるように。
他文化を柔軟に解釈しつつ自文化に取り込み、
かつ『ガイジン思想』に代表される、民族的排他性を強く持つ。

日本は最も近い所にいる。
ハズネという、現世の理想郷に。


って、けーねが言ってた。
| - | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
プロバイダー・ぷらら利用の方で、6〜7月頃にかけてMSNメッセンジャーがログイン不能になった方へ【80072745】
プロバイダー・ぷらら利用(で、かつBフレッツ利用)の方で、6〜7月頃にかけて『インターネット接続が云々』とのメッセージと、『エラーコード【80072745】』が表示されて、メッセンジャーへのログインが出来なくなった方へ。
以下簡単に、原因と対処法を記します。

原因は、単刀直入に言うと、ぷららが始めた新サービス、『ネットバリアベーシック』です。早い話、「フィルタリングサービス」です。
(サービス概要(http://www.plala.or.jp/access/community/secuplus/nbb/))
解決方法は、以下のとおりです。
https://migs.plala.or.jp/nb/basic/nb_login.cgi?atesaki=user_login
からログインし、「サービスメニュー変更」で、「パケットフィルタ」のレベルを下げてください。
(設定にはぷららの会員IDとパスワードが必要です。)
(レベル0=切にすると、確実に繋がります。レベル1についても繋がるかと思われますが、私は未確認です。)
(設定が反映されるまでに、しばらく時間がかかります。)

以上で繋がるでしょう。
困っている方がかなり多い様なので、とりあえず検索に引っかかり易いように日記に書いておきました。
最後に、感謝の気持ちを込めて、私がこの解決策を授かった掲示板へリンクを(ぇ
ttp://i.z-z.jp/?niigata
(迷惑だったらごめんなさい(汗)しかもマルチスポスト(違
| - | 21:30 | comments(41) | trackbacks(11) |
私は聴いた。
私は聴いた。


2005年、水無月十日、21:43。NHK教育『住まい自分流DIY入門』にて、


BGMにネコミミモードが流れるのを。


これは来週も見ねば。
| - | 21:49 | comments(1) | trackbacks(0) |
生。あるいは死。
生きているときには死んでいないし、死んでいるときは既に生きていないのだから、死の恐怖は迷信に由来する。

死とは、我々の構成成分がモナドに還元される、ただそれだけの現象であり、それ以上の何物でもない。

熱力学第零法則からも自明な大自然の摂理。


死の恐怖は迷信に由来する。

死に逝く者の恐怖は現実。死に逝く者は生きている。生きる者は恐怖する。苦悩する。悶絶する。阿鼻叫喚。

死した人間の魂はどうなるか?死の経験者―死んだ人間は生きていないのだから、その問いに答える者はいない。

死の先にあるものが、天国か煉獄か、はたまた地獄か。生者には決して知り得ない謎。

魂の存在自体も謎。

死に逝く者は幾多。
死に逝く者は生きているから、その恐怖は語り得る。伝え得る。知り得る。

しかし、多くの生ける者は、死に逝く者の声に耳を閉ざす。死という未知への恐怖のため、或いは死へ向かう汚れし者を忌避して。

故に、死に逝く者の恐怖は作為の暗闇。
作為の暗黒を照らすのは、理性の光にも不可能。

深淵を恐れぬ度胸、畏れを知らぬ愚者のみがたどり着ける真実。
| - | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
某氏に宛てたメールより
「必死」・・・今日、一日中この言葉を考えていますた。
・・私は既に「必死」にすらなれない場所に追いやられていることに気づき、加えて、実存的とは程遠い生活に陥っていることに気づきますた。・・・現実問題として、「必死」(あるいは盲信)以外に、我々のアイデンティティーを定める要素が果たしてあるのか・・・残念ながら、覚者でもないかぎり、その他に方法は無さそうです。
・・・必死に「なれる」ということは素晴らしき可能性です・・・或いは、それこそを『命』と呼ぶのかも知れません。
| - | 20:34 | comments(1) | trackbacks(0) |
注文の品、届きますた。
050517_2330~001.jpg
こんなの届きますた。


・・・一応弁解しておくと、

別に私、『アブナい人』じゃ無いですよ?


念のため。

(というか、それ以前に何の写真か解らないか(汗) カメラの性能の低さが恨めしい・・・。)
| - | 23:41 | comments(3) | trackbacks(0) |
戯れ言
久しぶりの戯れ言

壱,『失恋マスタースパーク』(←知らない方はぐ〜ぐる先生に訊いて下さい)は、いくらイメージ作りをしても、やっぱり私には弾きこなせない。何故か?それは私に失恋経験が無いからだ!・・・ってなことから、今更ながら人生経験の薄さを悔やんでみたり。
弐,目的意識の無い者ほど強い者は無い。目的の有る者は必ず破滅する。達成せざれば絶望し、達成せば、その後に訪れる虚無感に身を滅ぼす。その点、目的の無い者は強い。この者は絶望を知らない。俗に『逃避エネルギー』と呼ばれる物、これこそが、つまるところ、生命体の根幹を成す。人は目的の無い、苦痛に満ちた人生を、只々『死にたくない』の一念で駆け抜ける。つまるところ、人生ってのは、死神から逃げてるだけなんだよね。
参,図書館が遠いよ、と。大学の図書館、うちの高校よりしょぼいよ、と。しょうがないから自転車片道70分かけて、山一つ越えて、無理矢理図書館逝ったよ、と。でも良く考えたら返却の時にまた山越えしなくちゃならないんだよね、と。もうね、アホかと。馬鹿かと。つまりね、私が言いたいのは『ネットよ早く繋がれ!』ってこと。
| - | 00:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
音沙汰無しでスマン
連日飲み会で潰れてて、ぜんぜん書き込めなくてスマン(汗

とりあえず一つ嬉しいお知らせ。下宿先で東方信者を発見!

以上(ぇ
| - | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
明日は入学式
下宿の部屋、駅からむちゃくちゃ遠いとはまだ許せるのです。何と言っても許せんのは、『虫』。
家の前に汚水槽(?)みたいのがあるせいか、窓から見えるのは虫ばかり。いや、全然誇張表現じゃないんですよ?網戸にびっしり張り付いてる虫と、窓前上空を竜巻のごとく飛び回る大群のせいで、かなり視界が悪いのです。
しかも、今日買い出しから帰ったら、茶色いはずのドアが黒くなってるんです。つまるところ、『虫メッキ』状態。手持ちのチラシで虫を追い払ったところ、結果的に、顔面に逃げる虫の大群の直撃を喰らったわけで・・・(以下略
(ネット隔離3日目)
| - | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>